当ブログに掲載されている記事の盗用は著作権の侵害です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
前編 マウナケアのご来光
DSCF4555
マウナケア山頂にて大開運日7月8日の朝陽です(見るだけで3倍のご利益あり?!)

てなことで行ってきました、マウナケア山頂サンライズツアー。
マウナケアの標高は4205メートルにも達し、あの富士山の頂上よりも500メートル以上も高いのです。下界から見ると、そんな高い山に見えないのが不思議なんですが、昔からハワイアンにとって聖地とされ、男の子が生まれるとそのへその緒を、山頂付近にあるワイアウ湖に奉納したそうです。

現地に行くまで知らなかったのですが、このマウナケア山に一般人が勝手に登ることは厳重に禁止されているそうです。ハワイアンの聖地であるため、「これ以上、観光客が増えて汚されたくない」という現地の意向から、一日の入山が150人程度と限定されているので、州政府から許可をもらっている観光会社のツアーでないと山頂に行くことが出来ないのです。

くれぐれもレンタカーで勝手に登らないように。というか、サドルロードと呼ばれる山頂への道は大変険しくて、うっかり迷い込むと

遭難しちゃいます

保護されてもレンタカーの保険の適用は受けられないので、莫大な違約金を自腹で支払うことになりますよ~~~(当初レンタカーで登ることを考えていた私は愚か者です笑)

でまぁ、マウナケア山頂へは現地のツアーに参加するしかないのですが、中でもサンライズツアー(日の出ツアー)は、たった1社しか運行していません。その1社のツアーは13人乗りの4WD車で行くので、必然的に一日に13人しかマウナケアのご来光を拝めない、ということです。


DSCF4556
こんな車です

なので、このツアーに参加したい場合は、日程が決まり次第、すぐにツアーに申込みましょう。JTBなど大手の旅行会社ならオプショナルツアーとして用意がありますが、ないようなら直接、下記のHPからメールで申し込むことも出来ます。↓

http://www.taikobo.com/
太公望ハワイ


このツアーの辛いことは、朝が早いこと。まだ夜明けまで遠い丑三つ時、午前2時に出発します。朝の9時にはホテルに帰れますが、

時差ボケの上の睡眠不足の辛さは覚悟して下さい
他のツアーへの参加も可能ですが、基本的にフリーにしておいた方が無難かも

街頭もない真っ暗な山道をひた走ること2時間、突然、霧の中へ車が突入します。ヘッドライトが照らし出す数メートル先は真っ白です。

「さぁ、ここから祈って下さい。雲の層が頂上までかかっていると山頂からの朝日は見えません。ここからはその日の参加者の運です」

ガイドのTさん(日本人)が言います。霧だと思っていた白いもやは雲だったのです。いつの間にか標高は3000メートルを超え、空気が薄いせいか頭が鈍く重い。重い頭の中で、「どうか早く雲の外に出て」と祈っていたのですが、その祈りが通じたのか、突然、視界が開けます。Tさんが、ひゅっと口笛を鳴らして、

「ラッキーですね! 今日は雲の層が思ったよりも薄かったようです。きっとすばらしい朝日をご覧になれますよ」

よかった~、これでブログに朝日がアップできるぞ、と安堵しました。

そうこうしている内に、車はオニズカビジターセンターに到着しました。急激な標高差に体を慣らすため、ここで休憩も兼ねた天体観測をするためです。このオニズカビジターセンターは、ハワイ島出身の宇宙飛行士鬼塚氏を記念して建てられたものですが、

ちょっと大きいトイレ休憩所

程度の小さな建物です。暗闇の中でぼんやりとたたずむ鬼塚さんの顔象が、不気味。。。笑@鬼塚さんごめん。

Tさんが自前の天体望遠鏡を設置している間、トイレで防寒着に着替えます。というか、すでにかなり寒いです。防寒ジャケットと手袋は貸してくれるとのことだったので、薄手のセーターくらいでいいだろう、と思っていたのですが、

甘かった!!

山頂では、スキーウェアくらいの防備は必要でした。そこまでいかなくとも、長靴下二枚重ねは常識と思った方が無難かも。山頂付近は乾燥しているので、夏場はほとんど雪は降りませんが、

冬山同然の寒さざんす

それでも前歯をガチガチさせながらの天文観測は、かなり素晴らしかったです。琴座のベガなんか、無数のメレダイヤを散りばめたリングみたいな神秘的な美しさだったし、満月だった月は、こんなに明るいの! とびっくりするくらいの光度。クレーターもバッチリ見えました。それより何より、月や星の光は、風水的に

安定した静のエネルギーに満ちているのです。


特に月の光は女性を美しくさせます。雲のない澄み切った天空の月明かりに照らされて、ちょっぴり美人になったかも(うふん♪)

天体観測が終わると、いよいよ山頂に向けて出発です。

「ここから山頂までは、空気の量が地上の6割程度になります。そんな状況でうっかり眠ってしまうと昏睡状態になりますので、くれぐれも眠らないように。後、血液が固まらないようにお水をまめに飲んで下さい」

Tさんからちょっと怖い注意を受けました。要するに、ここからのうたた寝は、あの世行きだよってことで、

運を上げるのも命がけです

そうこうしているうちに、辺りがうっすら明るくなってきました。

「さぁ夜明けまで後、40分ほどです。その前に、夜明け前の空を観察して下さい。すばらしい色に染まるんです。特に地平線のオレンジと夜との境目に現れるブルーは、例えるなら宇宙の色です」

Tさんが言うように、じっと空を見ているとそれは現れました。一同、わっと歓声を上げるほどの美しさ。

maunakea3.jpg
夜明け前(地平線の境のブルーは宇宙の色)

この辺りから母がハイビジョンのビデオカメラを回しているので、静止画では再現出来ない映像が残されているはずです。実は私もまだ録画ビデオを見ていません。うーむ、お届けできなくて残念無念。

山頂に着くと、辺りはかなり明るくなっていましたが、日の出までまだ20分以上もあるとのこと。試しに車の外へ出てみたのすが、

5分といられません。

画像では分からないと思いますが、乾燥した冷たい風が吹き荒れ、露出した顔にあたると無数の針にさされるがごとく痛い。そう、寒いは通り越すと痛いのです。

標高4000メートルの世界はただただ荒涼としていて、草の一本も生えていません。太古の地球はこんな感じだったのかと思うほど、殺伐とした大地でした。火星みたい。

ビデオ撮影に命をかけている母でさえ、がんばって10分ねばるのがやっと(というか母、死ぬよ)。

そんな中、元気に写真撮影をしている女子一名、発見。心配になってTさんに「彼女、大丈夫ですか?」と尋ねると、

「嫁さんは前回来て、ここの寒さを体感しているから、今回は完全防備に徹しています。大丈夫ですよ」

すぐ横にいた彼女のご主人が答えてくれました。


ピンポンパンポーン♪ ここで耳より情報のお知らせ。


マウナケアの朝陽には不思議なエネルギーが満ちていて、そのパワーを自宅に持って帰ることが出来るのです。方法は簡単、水晶を持参し、朝陽にあてるだけ。


「先日、ご案内した人は10個くらい水晶を持参していて、並べて置いてましたよ」

Tさんが教えてくれました。く、くそぉ~そんな裏技があったのか! わーん、水晶を持ってくればよかった~~。ちょっと大きめの水晶にパワーを溜めて、玄関に置いておけば

外からの不浄なものを除去してくれそうです。
盛り塩よりよっぽど威力あります。

ペンダントや腕輪なら、体にいい気が回りそう。
このツアーに参加されるなら、是非、水晶を持って行きましょう。もしも知り合いが行くなら、水晶を預けちゃいましょう。というか、パワースポットを巡るなら、今後は水晶を持参して行こうと思います@反省

ちなみに母の撮影したビデオカメラの朝陽に水晶をかざしても、全然、意味ないそうです。あくまでも本物のみ有効とのこと。

「さぁ、後一分で夜明けですよ」

Tさんの言葉を合図に、車の外に出ます。東の空はすでに半分くらいオレンジ色。

「前方の雲の一部がきらりと光ったら、それが日の出の合図です」

すると、雲の一部がきらりと光りました。続いて、その光がすーっと四方八方に広がって、空と雲海をオレンジ色に染めます。それは言葉に出来ない光景。もはや歓声すらあがりません。


マウナケアの朝陽。動画でどうぞ。


朝陽を15分ほど眺めて、ゆっくりと下山します。すっかり明るいので、来た道がどれだけ険しかったか分かって、ぞっとしました。
途中、世界の天文台を見ることが出来ます。

DSCF4557
朝陽で銀色に光る天文台群

――と、急に車が停まりました。

「見て下さい。今日はラッキーなことに、マウナケアの影が見えますよ」

Tさんが指さす方向を見ると、

DSCF4558
珍しいマウナケアの影(朝陽で西の雲海の上に山の影が・・・)

よほど天候に恵まれた日でないと見られないとか。本当に運のいい日でした。

途中、日本の天文台も見ることが出来ました。バックの月がいい感じです@自画自賛


maunakea2.jpg
日本の天文台「すばる」と月

「この天文台の建設に400億円もの税金が使われています」

Tさんの説明に、

「へぇ~。日本もたまには税金でいい仕事しますね」

私が言うと一同大ウケ。

「いいですね~、その言葉。今後、説明に使わせて頂きます」

Tさんがそう言ったので、もしもこのツアーに参加してガイドがこのフレーズを喋ったら

「それって、ゆりりんさんの受け売りでしょう」

と是非、つっこんで下さいね。ビデオを抱えた元気なおばあちゃんと参加していた私のことを、もしかして覚えているかもしれませんから笑

オニズカビジターセンターを過ぎると、やっと眠ることを許されます。ここからはホテルまでほぼ爆睡。ちゃんと起きていれば、野生動物に出会えるかもでしたが、とにかく眠い。

この日、ホテルに帰ってから午前中、爆睡しました。

午後からは近くにあるマーケットでお買い物。何を買ったかは、エピローグでご紹介しますね。

夜はホテルのレストランでお食事しました。朝陽に負けないくらい、サンセットも素晴らしかったです。

sannsetto.jpg
ホテルのテラスより@ハワイのサンセットは恋愛運が一杯

ほんと、ハワイ島って自然が一杯。確かに何かしらのパワーに満ちていると思います。ちなみにこちらでアップした画像はフリーですので、PCや携帯の待ち受けにどうぞ♪

私はPCと携帯の待ち受けに↑のマウナケアの朝陽を設定しているのですが、不思議ですね、


画面を立ち上げる度に、元気になるのです。


東の地でのパワーのある朝陽ですので、元気パワーが一杯なのでしょう。なんとなく元気がない、ここのところついてない、という方は、是非、お持ち帰り下さいね。



続き読むに、ハワイのショップのお得情報があります。↓
続きを読む
スポンサーサイト
【2009/07/26 16:34】 | 旅行風水 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ハワイ旅行記 ~プロローグ~
hawai2.jpg


突然なんですが、ハワイへ行ってきました。

本当は旅立つ前に、このプロローグ記事をアップして行こうと思ったのですが、日程等が詳細に分かってしまうと、もしかしたらコアな読者さまに偶然、現地で声をかけられそうな予感がして、

すみません、事後報告にすることにしました。
恥ずかしがり屋なのサ


はい、7月7日の七夕から4泊6日の予定で、私、ハワイ島に行って参りました@オンリーハワイ島

hawai1.jpg
ハワイ島へは、ホノルルから↑のような乗り継ぎ線で向かいます。


ところで今回のハワイへ行く目的は、


東の吉方位旅行で強力な仕事運をゲットするため!


ここまで読んで、こちらの閲覧が長い方は、あれ? と思ったかもしれません。そう、ハワイは東なのか? ってこと。結構、長い間、ハワイは日本から見て、東南だと思っていたのですが、実はよくよく調べて見ると、ハワイは東、しかもドンぴしゃ東、かけねなく東だったことが判明したのです。そして今まで東と思いこんでいたアメリカ合衆国本土は、全て東北だったのです。

要するに海外の方位を見る時の地図を、メルカトル図で見るか、正距方位図で見るか、で上記のようなズレが生じるわけで、じゃあ風水で言うところの方位はどっちで見る方が正しいのかというと、後者の正距方位図の方だったわけです(今まで間違ったまま語っていましてすみません)。

ちなみにこの正距方位図は、中学校で使う社会地図の教科書に載っています。持っていなければ、本屋さんの世界地図帳にも載っているのではないでしょうか。

ってことで、風水海外旅行をする場合の、日本(ここでは東京)から見た各都市の方位は下記のようになります。

ただし、韓国や中国など、比較的日本から近い都市は、居住地によって若干違う場合があるので、気を付けて下さいね。

北:ロシアの東部(ハバロフスク等)・グリーンランド

東北:カナダ・アメリカ本土全域・メキシコ・南アメリカ大陸上半分(リオデジャネイロより上の都市)

東:ハワイ・南アメリカ大陸の一部(ブエノスアイレス・サンティアゴなど)

東南:ニュージーランド・タヒチ・フィジー・南アメリカ大陸の先端部分

南:グアム・オーストラリア大陸(エアーズロック付近から西は南西)

南西:台湾・シンガポール・バンコク

西:ソウル・上海・香港・モルディブ・マダガスカル島・インド・ナイロビ・ケープタウン

北西:エジプト・ヨーロッパ全域(ただしイギリスの上半分は北)・ドバイ・モスクワ


ってことで、久しぶりの海外旅行風水をしようと思ったのですが、


実は家族で行ったわけでありません。


息子は学校だし、夫は暇だけど仕事を休めないし、、、
でも、今回はどーしても、どーしても、どおおーしても、


7月8日の風水ボーナスデーを吉方位で過ごしたい!


と思い立ちまして、夫と息子置き去りにお留守番をお願いして風水海外逃亡旅行計画を立てました。

うん、当初は一泊くらいで和歌山の熊野古道あたりを散策しようかな、と思ったのですが、おそーるおそる夫に「1人で海外に行ってもいい?」と訊いてみたら、いいよとの返事(ただし、自分の小遣いでなんとかできるならと)。うわーい♪


こうなると、私は糸の切れた凧となります。


ちなみに7月において、五黄土星の私の吉方位は、東、東南、西の三方位。候補地は、エジプト・ニース・ギリシャ・モルディブ・ドバイ・ハワイ。

かねてより行きたいと思っていたエジプトは北西なので、却下。ニース・ギリシャも同様。モルディブは西だけど、カップルが多そうなので、違う意味で凹みそうなので却下。ドバイは1人旅ではちょっと不安。

ということで、残ったのがハワイでした。

ところでハワイの中でも、私はかねてよりハワイ島へ行ってみたいと思っていました。だって通称ビッグアイランドと呼ばれるハワイ島は、あの江原さんも認める、


スーパーパワースポットが盛りだくさんの島だからです。


今なお噴火を続けるキラウェア火山、3000メートルを超える聖地マウナ・ケア山など、強運が一杯の場所をフルに巡ったとしたら、しかも通常の3倍の運のつくという風水ボーナスデーを掛け合わせたとしたら、


向こう先10年は困らない運をゲットできそうなんですもの


えーと単純計算で、今回の旅行で得られる運の大きさは、距離×日数の公式に当てはめ、さらに今回は特別に3倍をかけて、

6000キロ×4日×3=72000


7万2000UN!


ということで、6月初頭あたりからコソコソ準備をしておりました。で、当初はまるっきり1人で行くつもりだったんですが、何かの啓示だったのか、ふと実家の母を誘ってみようと思い立ったのです。

そう言えば、母はハワイ島へ行ってみたい、と言っていたよなー、って。

で、試しに誘ってみたら、あっさり「行く行く♪」との即答。
さすがお金と時間をたっぷり持っている豪遊老人だけのことはあります。

ってことで、思いがけず実現した母娘のハワイ珍道中?

もちろん風水なんて欠けらも信じてない母。いろいろやりにくいかなーと思いつつ、現地での日程はほぼ全権を任せてくれることになったので、


風水アクション、やりたい放題してきちゃいました♪


ちなみに母の7月の大吉方位も東。風水を信じようが信じまいが、


結果が出てしまうというのが風水のすごいところ


てなわけで、プロローグだけでこれだけのボリュームになってしまうほど、中身の濃い旅行となりました。今回の旅行記は、

・プロローグ

・前編(現地f二日目) マウナケア山頂よりご来光(朝陽)を見るの巻

・中編(現地三日目) 聖地ワイピオ渓谷を馬に乗って散策するの巻

・後編(現地四日目) キラウェア火山をハイキングするの巻

・エピローグ (各種運の上がるお土産画像アップ)

という構成で紹介したいと思います。

見るだけで運の上がるお宝動画もアップしますので、どうぞ楽しみにしていて下さいね。
続きを読む
【2009/07/16 15:06】 | 旅行風水 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。