当ブログに掲載されている記事の盗用は著作権の侵害です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
風水的ドラマの見方 2004/5/19
私、ドラマが大好きなんです。ちょっと前のドラマなんですが「僕と彼女と彼女の生きる道」は、よかったですね~。毎回、うるうると涙を流しながら見ておりました。
20040519120146.jpg


で、どんな話かというと

主人公の草薙くん演ずる小柳徹朗は大手銀行に勤めるエリートサラリーマン。ある朝、徹朗は妻の可奈子から「離婚して下さい」と切り出される。そして可奈子は家を出て、パリへ。一方徹朗は一人娘、凛を残され、家事と仕事の両立に悪戦苦闘する。そんな生活にうんざりしながらも、徹朗はしだいに娘への深い愛情に目覚めていく――云々。

で、毎回、感動しつつ、実はある部分、ちょっと冷めた視線で見ていたのも事実です。
そう、徹朗の住むマンションの間取りが気になってしょうがなかったですね~。

まず玄関は北。北に玄関があると交際下手になりがち。実際、徹朗は妻を始め、人間関係を深めるのが下手でした。娘への愛情表現がぎごちなかったのも、この北の玄関のせいかもしれません。

寝室は北西。ここは徹朗のPCが置いてあったので書斎も兼ねていたようです。北西の書斎は一家の主には大吉。立身出世間違いなしです。そのため、徹朗は上司の引き立てがあったようで、エリート街道まっしぐらでしたね。

が、しかーし、キッチンが南西、お風呂場が西にありました。これがよくない。南西のキッチンは家庭運が悪くなるのです。とくに奥様の精神面に悪い影響をもたらします。可奈子がノイローゼになって家を出ていってしまったのも頷けます。しかも西のお風呂は妻がフリンをするお風呂。なので、ドラマの途中「可奈子にはきっと男がいる」と予想したのですが、これは見事にはずれましたね~(笑

一方、娘の凛ちゃんのお部屋ですが、東北(鬼門)にありました。これは長女にはいいお部屋でしたね。東北の、しかも朝日の入る部屋を子供に与えると親思いのいい子に育つのです。実際、凛ちゃんは健気なほど父親の徹朗を慕っていましたもんね~。

さて、マンションの外に目を向けてみましょう
南に玄関があります。これは吉。芸術方面の仕事が上手くいくマンションです。徹朗は結局、銀行を辞めてレストランのシェフになるわけですが、案外、成功するかもしれませんね。というのも南西のキッチンは家庭運は悪いのですが、趣味として料理をするならばそれが仕事になる可能性大なのです。南西は趣味をするのには最適な方位ですので。
ところでマンションの西に川がありました。これがよくない。西は喜びの方位なのでここに水の気があると、どんどん喜びが流されていきます。実際、徹朗の喜びの元であった「凛ちゃん」とは別れて暮らすことになりました(涙

なーーんてことを頭の隅で考えながら、このドラマを見ていたわけです。
え? だからどーだって? そういうツッコミはなしね~。

このネタは他にもいろいろありますので、またお話ししまーす♪



スポンサーサイト
【2005/11/03 16:09】 | エンタメ風水 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<いらっしゃいませ♪ 2004/5/20 | ホーム | が・らーん 2004/5/18>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuriririn.blog34.fc2.com/tb.php/10-1625eea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。