当ブログに掲載されている記事の盗用は著作権の侵害です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
玄関は家の顔 2004/5/26
我が家の玄関ドアを開けると、ばーんとこの絵が出迎えてくれます。何号サイズの絵だったかは忘れましたが、縦90センチ横80センチありますのでかなりの存在感。

20040526111126.jpg

家の図面が出来上がった頃、実は玄関をどんなインテリアにするか悩んでいました。当初は玄関ドアの真正面にある壁にニッチ(壁をくり抜いて作る飾り棚)を取り付ける予定だったのですが、今ひとつぴんっとくるものがありませんでした。

そんな時、このルノアールの複製版「春の花束」を見つけたのです。これだ、と思いましたね。もやもやとしていた玄関のイメージが、ぱーっと霧が晴れるようにありありと浮かびました。あまり迷うことなく「買おう」と決めたのですが、昔は悪夢のような大貧乏、今は風水のおかげかおちゃめな小貧乏の我が家にしては、思い切った出費に。でも運の上がる絵なら買うべしと東京タワーから飛び降りる気持ちで買っちゃいました。値段は――まぁ、我が家ではこの絵がパソコンの次に高いものということで(笑)
複製版といっても立体複写なので、ぱっと目には本物の油絵のようにしか見えません。しかもルノアールの初期の作品なので、よほど絵に精通している人でなければこの絵がルノアールであることは分からないでしょうね。額縁も純金張りの豪華版です。

そのせいか、お客様はしばし呆然と玄関に立ちすくみます。ほとんど例外なくそうですね。こちらがリビングのドアを開けて「どうぞ」と言わない限り動きません。

郵便屋さんだったでしょうか「ここの玄関なら多少、待たされてても平気ですね」と言いました。速達を受け取るのにハンコを取りに行っている間、しばらく玄関で待ってもらった時のことです。「いやー、玄関で待たされると目のやり場に困るんです。でもここは立派な絵があるから助かります。目の保養にもなるし、いいですね~ほっとします」と。
幸運は礼儀正しく玄関から入ってくるそうです。なんだか「運」にそう言われたような気がして、やっぱりこの絵を買ってよかったと思いました。

息子の友達が時々、遊びにきますが、やっぱりこの絵をじーっと見てからリビングに入って来ます。子供なので何も言いませんが、じっと見ているところをみると、何かを感じていることは確か。
だって、新聞紙の束だの汚い水槽なんかがある玄関と、きれいに片づいた美しい絵のある玄関――毎日一度は使うことを考えれば後者の方が感性の優れた子供に育つような気がしませんか?

玄関は家の顔――あなたの家でも絵を飾ってみませんか? 高価である必要はないと思います。方位によって相性のいい絵柄というものはありますが、大事なことは玄関を開けるとほっとできる――そんな雰囲気が出せれば最高ですね。
スポンサーサイト

テーマ:スタイリッシュなインテリア・雑貨。 - ジャンル:ライフ

【2005/11/03 16:27】 | インテリア風水 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<知って汚すは命を奪う 2004/5/28 | ホーム | やっほ~♪ 2004/5/23>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuriririn.blog34.fc2.com/tb.php/15-02597e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。