当ブログに掲載されている記事の盗用は著作権の侵害です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
天空の町 キュランダ 2005/9/23
宮崎アニメ「天空の城 ラピュタ」ではありません(笑)

20050923134239.jpg


周囲を熱帯雨林に囲まれたキュランダ高原村は、静かで素朴な町でした。道を歩いていると野生のターキーに出会えたりします。標高が高いだけあって空が高い――空気がおいしい。まさに天空の町。

現在は観光の町として賑わっていますが、20年ほど前までは、俗世をきらったアーティストたちのたまり場だったそう。

そのアーティストたちが、自分たちの作品を持ち寄ってフリマを開いたのが15年ほど前のこと。それが現在あるキュランダマーケットのルーツです。いやー、びっくりしましたね。だって前に来た時は


なんもねー


って感じでしたから(笑)それが今は多種多様なお土産屋さんがずらり。かつてのフリマの雰囲気を残したテント型のマーケットは、摩訶不思議ワールドです。意外やショッピングはかなり楽しかったですね。市内にはない、個性的なグッズがたくさん売っていました。そう、南へ行ったら


個性的なグッズ、芸術作品に親しむべし
あなたの隠れた才能が開花します。


そういう意味では、キュランダは才能運の溢れた町でした。

で、こちらでは、みなさんへのお土産として

ユリシーズのタイル(←正確にはマーケットではなく、ゴンドラの終着駅で買いました)
アロマオイル@女性用
熱帯魚の絵

をゲット。本当は、もっといろいろ見たかったのですが、ツアーで行くとショッピングタイムはかなり短めに設定されていることが多いです。もしもショッピングを楽しみたいなら、フリーで行くか現地でフリータイムの多いツアーに参加されることをお薦めします。

実際、ショッピングタイムは1時間弱と短かったです(泣)というのもキュランダ鉄道の出発時刻が午後2時半と4時半しかない上、私たちはアーミーダックツアーにも参加したからです。

ところでそのアーミーダックとは何かと言いますと、第二次世界大戦でアメリカ軍が実際に使用していた「水陸両用のバギーカー@画像参照」のこと。一度に20人の兵隊さんが乗車出来、どんな地形でも走ります。

現在では約1000台が観光用として使用され、オーストラリアがそのうちの200台を所有しているそうです(キュランダにはそのうちの4台があります)。

「これ乗りてぇ~。かっこいい!」

という夫のたっての希望でツアーに入れましたが、はてさて乗り心地はどうかといいますと


かなり悪いです。
ガタゴトと縦に揺れるので、腰の弱い人は止めた方がいいかも。


が、デンジャラスな熱帯雨林を安全に散策するにはいいツアーかもしれません。途中、通る川というか池では野生の大トカゲと遭遇(運がよければ野生のワニにも出会えるとか)。珍しい植物もたくさん見かけ、お手軽にアウトドア風水が楽しめます。

まー、そんなこんなでキュランダでの時間はあっという間に。ツアーのハイライトはキュランダ鉄道です。

では、本日もキュランダ鉄道で撮った癒しの動画をお楽しみ下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




nanako (2005/09/25 06:48:27)
おはようございます。本日北東方位へ1泊旅行で行ってきます。携帯から後で送りますので

ゆりりん (2005/09/25 14:53:34)
>nanakoさん 東北のご旅行行ってらっしゃーい。楽しんできて下さいね。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア旅行 - ジャンル:旅行

【2005/11/10 17:45】 | 旅行風水 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<運気アップ! 南でシーフード 2005/9/25 | ホーム | 南へ行ったら高いところへ登ろう 2005/9/22>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuriririn.blog34.fc2.com/tb.php/179-e8e8574a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。