当ブログに掲載されている記事の盗用は著作権の侵害です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鳥が一番えらい島 2005/9/28
もしも生まれ変わるとしたら、この島の鳥に生まれ変わりたいものです。

20050928233337.jpg


――ということで、やってきましたミコマスケイ。ケアンズ4日目は、10数年以上も忘れられなかった憧れの島へ。ミコマスケイは珊瑚が堆積して出来た小さな島です。ちょっと沖に出るとすぐに見えなくなってしまうような、小さくて平べったい白い島です。そこではアジサシなど、無数の海鳥が羽を休めたり子育てをしていました。

「これから行くミコマスケイでは鳥の方がえらいのです。ですから鳥が迷惑するような行動はくれぐれもしないように」

上陸する前、クルーの人に言われました。この世の中に鳥のほうがえらい場所があるなんて――家の前にいるスズメが聞いたら羨ましがるだろうなぁ(笑)

そんなミコマスケイはこんな島です。15秒の小さなエデンの園をお楽しみ下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


珊瑚を傷つけないように、クルーザーは島からかなり沖に碇泊します。島へはビーチバギーと呼ばれる小型のボートに乗って上陸します。バギー船は15分おきに島とクルーザーを往復していますので、好きな時に、島とクルーザーを行ったり来たり出来ます。

日がな一日、島の砂浜でのんびりするもよし(ただし木が生えていないので日陰がまったくありません)、シュノーケルンや底がガラス張りの船に乗って珊瑚や熱帯魚を観賞するもよし。

で、ですねぇ、オプションでダイビングも出来るのです。南の海でダイビングをすれば、ずばり――


生のお魚さんと戯れて、南のパワーをゲット!


そこで「ダイビングしてみる?」と息子に訊いたら
「うん、やりたい!」と答えたので、体験ダイビングを申し込むことに(ちなみに子供は12歳以上でないと参加できません。その時うちの息子は後10日で12歳でした。ですので厳密には11歳だったのですが、ええいかまうもんか10日くらい。12歳ですと嘘ついちゃいました)

実はワタクシ、ダイビングは2度目なんです。前に来た時、夫と二人で参加したのです。その時、潜った海底の美しさと魚の多さときたら――きっと息子にも忘れられない思い出となることでしょう。

ちなみに今回、夫は参加しませんでした。海の底が怖いのだそう(臆病者メ!)。

てなわけで、昼食を食べた後、私と息子、他アメリカ人のお姉ちゃん二人の計4名にインストラクターのお姉さんが一人ついて、ミコマスケイの海岸からクルーザーまで体験ダイブすることに。

浅瀬で簡単な講習を受けた後、インストラクターのお姉さんを中心に、横一列に腕を組んで、どんどん深く潜っていきます。というか腰に重りをつけていますので沈むというか(笑)

海の底って、とっても静かです。静寂の中、ゴーって潮の流れる音を聞くと、さすがにちょっと怖くなりましたが。それでも水深15メートルほどのところには大きなシャコ貝がありました。数メートルもの高さのテーブル珊瑚の隙間には、ニモも。例年より水温が低いせいか、魚の数は少なかったですが、少し離れたところをエイが悠々と泳いでいるのを目撃しました。

で、ですが。。。苦しい。

「ダイビングで生きて帰る秘訣はたった一つです」

インストラクターのお姉さんの言葉を思い出しました。


「絶対、息をするのを止めないこと」


そんなの当たり前じゃーん、と思ったのですが、これが非常に辛い。だってタンクの空気って塩辛いんだもの。息をするたびに喉がひりひりからから。何度、もう息をするのを止めようかと(でも、息しないと死んじゃうし)。それに腰につけた重りのせいで、絶えずフィン(足ひれ)を動かさないとすぐに沈んでしまうので、足がダルダル。


○×△(?_?)#$(=_=)(@_@)~~~~!
訳:助けてくれ~。ぐ、ぐるじいよ~~~~!


南の海の中心で叫んでおりました(爆)

前回はあんなに楽しくってあっという間のダイビングだったのに、今回は中盤からもうイヤダと思ってしまいました。年のせいかなぁ。そう言えば、前回は20代だったもんなぁ(しみじみ)。
でも、あれだ


頭の先から足のつま先まで、どっぷり南の海につかることが出来ましたから~。
南の運をがっつりゲット! いぇい~~♪


そんなこんなで島の一日はあっという間に――心配していた船酔いも、カードデスクのお姉さんの予言通り、比較的海が凪いでいましたので大丈夫でした。帰りの船内では、クリントイーストウッド似のカッチョブーなクルーが、ギター片手に唄を歌ってくれたり、シャンパンのサービスがあったり。。。ふと気が付けば、ケアンズ港が目の前に。

甲板に出て、夕陽に照らされるケアンズの町を眺めながら

「明日は、もう帰るのかぁ――」

空に飛行機雲が一本、北へ向かって伸びていました。
ひょうくま (2005/09/29 05:03:26)
ゆりりんさん、おはようございます(^^)/ いやぁ~、素晴らしい体験ですね。凄いです。私なんてちょこっと出かけたらすんご~~く疲れてしまうのに、ダイビングなんてしたらそのまま海の底に沈んでしまうかも(笑)いやはや、ホントに素晴らしい旅行で、これからどんな運が巡ってくるかと思ったらそれまたワクワク♪やっぱり海外旅行は方位をきちんとみて、良い運をゲットしてこなくてはもったいないですよね~(^^)

nanako (2005/09/29 14:58:41)
こんにちわ。凄いですねー。私はゆりりんさんが言うように海に入らずに満喫できるような方法で行けるといいなあと思います。私の彼はまだ海外に行った経験はありませんがヒアリングできるようです。でも私はあるのに英語がまるでダメなのです。英会話が出来ると海外にいけるので頑張って英会話しています。ゆりりんさんは南の方位の運がじわじわきそうですねー。国内で今はどんな運が来ることを楽しみに毎日過ごしています!!

ゆりりん (2005/09/29 21:48:57)
>ひょうくまさん こちらの番組で「探偵ナイトスクープ」というものがあるのですが、それに60歳からダイビングを始めたというおばあちゃんが出ていました。いやー、人間、やる気があれば年や体力なんて関係ないって(笑)いつまでもチャレンジャーでいたいものです@誤 
 
ゆりりん (2005/09/29 21:52:18)
>nanakoさん 英語教室、楽しんでいますか? あーイングリッシュは度胸ですね。実践あるのみ。それから英語が喋れなくても昨今の主要都市は大丈夫ですよ。ケアンズのレストランでは、日本語のメニューがどこででもありましたから。
スポンサーサイト
【2005/11/10 18:25】 | 旅行風水 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<さよならケアンズ 2005/9/29 | ホーム | 南の海は運が一杯 2005/9/27>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuriririn.blog34.fc2.com/tb.php/182-1595f68b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。