当ブログに掲載されている記事の盗用は著作権の侵害です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
風水的長男の部屋 1
P1010113.jpg


家を設計するにあたって、どうしても盛り込みたかったものに、北西の書斎と東南のキッチンがありましたが、もう一つ譲れないものに息子の部屋がありました。

風水では男女関係なく


子供は朝陽に当てろ。


と言います。一般的に子供部屋は南などの明るい部屋をあてがいがちですが、実のところ、この朝陽が当たるかどうかが最も重要だったりします。

朝陽――といえば、そうです。東です。子供部屋は東に窓があり、なおかつその窓からサンサンと朝陽が入る部屋が理想的なのです。特に長男においては東側に窓のある東北の部屋が最も吉とされています。ということで、息子の部屋は東北にあります@画像参照。そして東側に窓があり、そこから朝陽がこれでもか! と入ってきます。

もしも子供部屋に朝陽がまったく入らない――という場合もご安心を。その時は部屋の東側に何か朝陽の代わりになるものを置けばいいのです。例えば赤いランプシェード、朝陽の昇る写真や絵など。

ところで東北には、外から入ってきた金運を目に見える形に変えるパワーがあります。風水では子供は宝物であり、家の財産と考えています。中でも長男は家の跡取りですので、東北で眠らせると

立派な跡取りに育ちます。
の、ハズなんですが、結果はいかに?笑

立派な跡取りに育っているか否かはおいておいて、東北で寝ている息子は、やたら金運がいいです。どーも我が家の金運は息子に吸い取られているような気がして仕方ないですねー。。。爆

息子の部屋は東北なのでインテリアはイエローと白で統一しました。ちょっと分かりづらいですが窓の周り縁を白にしています。カーテンは生活にメリハリがつくようにとイエローのチェック柄を採用。

ベッドはドアと対角線上の北側東向きで配置しました。このようにドアと対角線上にベッドを置くのは大吉。というのもドアの対角線上は部屋のラッキーゾーンになるからです。しかもこのベッドの位置は二階のラッキーゾーン上です。つまり二重のラッキーゾーンが重なるスーパーラッキーゾーンでもあるのです。

余談ですが、ベッドの上にあるブルーの細長いものは抱き枕です。細長く清らかな水を連想させるブルーのグッズを東北に置くと、気を浄化するパワーを発揮します。ご存じのように東北は陽の気を発生する場所ですので、これでこの部屋にはいつもきれいな気が漂っているはず。

そのせいなのか、たまに息子のベッドで昼寝をすると

ものすごく寝やすい!

夫も同じことを言ったので、たぶん偶然ではないかと。きっとよい気が流れている証拠ですね。

たかが子供部屋、されど子供部屋。子供は小さいうちからよい運気の中で育てたいものです。

てなことで、この部屋のこだわりはまだあります。続きは次回にて♪

よかったら今日も応援くりっく、ぽちーー。↓


人気ブログランキング

FC2ブログランキング

いい女塾の塾生としてもがんばっています。下のバナーをぽちりん♪が私への一票。
いい女塾

あなたの応援が私の原動力。本日もありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト

テーマ:スタイリッシュなインテリア・雑貨。 - ジャンル:ライフ

【2006/05/22 22:06】 | インテリア風水 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<風水的長男の部屋 2 | ホーム | 春の開運旅行>>
コメント
>nanakoさん

こんにちはー。

メッセありがとうございました。参考になります。お薦めのポイント、行けたらいいなー。

抱き枕ではなく、腕枕で眠れるようになるといいね♪
【2006/05/23 19:27】 URL | ゆりりん #GpH1xKto[ 編集] | page top↑
あるメルに送りましたが、私のHPにも地図を貼り付けました。あとメルに良い情報を入れておきました。^^:
【2006/05/23 16:11】 URL | nanako #-[ 編集] | page top↑
こんにちわ。コメントありがとうございました^^
息子サンのお部屋、なんだか素敵ですね^^
抱き枕っていいな^^
私もTDLで購入したプーさんの 有ります!!
あくまでもぬいぐるみではないので風水的にはいいのです^^*3体以内ですもん。

追伸。メルを送りますのでご覧になってくださいませ。
【2006/05/23 15:43】 URL | nanako #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuriririn.blog34.fc2.com/tb.php/263-5e0e2cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。