当ブログに掲載されている記事の盗用は著作権の侵害です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
北海道 風水紀行 6
P1010127.jpg

ランプの駅――小樽――

はてさて、北海道旅行もいよいよ最終日となりました。フライトは夕方でしたので、小樽まで足をのばしてみることに。ランプと運河の街の小樽は


恋愛運が一杯!


主婦の私はともかくとして、独身のM子ちゃんには、がっつり恋愛運を持って帰って頂きたいところ♪

札幌から小樽までは、割と近かったですね。特急で30分ほどでした。1日目、2日目と晴天に恵まれたものの、最終日のこの日は朝から小雨が降っていました。ですが海が北に位置する小樽の街は

雨がとっても似合います

「北国の海は、ピーカンな空よりも、灰色の空の方が風情があるよね~」

とM子ちゃん。そういう意味では最終日もお天気に恵まれたのかもしれませんね。車窓から見える灰色の海は時化っているのか、沖の方が白く波立っていました。そんな暗い色の海を見ていると、なんだか駆け落ちしてきたみたいな気分になります笑。誰とじゃ?

なんて少しセンチメンタルな気分に浸っている間に、電車が小樽駅に到着しました。

ホームに降りてみると、びっくりねー。だってホームの端から端までランプが一杯なんだもん。

rannpu.jpg


ちなみにこんな風情のあるベンチも

otaru.jpg


小樽駅、結構、楽しいかも♪

駅を出てまず行ったのは、市場でした。いやー、快く今回の旅行に送り出してくれた夫たちにお土産を買おうかと。

毛ガニを♪

市場の人たちは、とても気さくでした。歩いていると「これ食べてー」とタラバガニのむき身をくれるし、ホタテがおいしそうと言えば、その場で刺身にして食べさせてくれるし、ぶっちゃけ市場には

お腹を空かせていきましょう
市場を出る頃にはお腹一杯に♪

なんてことは半分冗談ですが。。。

そうそうその市場でこんな話を聞きました。毛ガニって5月~10月頃が旬なのだそうです。中でもオホーツク近海で取れる毛ガニは特においしいそう。ですが店先の水槽で飼われているものは全てロシア産。ロシア産もおいしい毛ガニですが、こちらの旬は8月~10月だそうです。

「オホーツク近海で捕れる毛ガニは、ロシア産に比べて体が少し小ぶりなのが特徴。だけど身がよく締まっていて、味も濃厚でうまいんです。水揚げされたものは全て浜でゆで上げられるので生きたものはないのですが、家で食べるならオホーツクの毛ガニがいいですよ。値段もリーズナブルだしね」

と素直にロシア産のものを売りつければ儲かるのに、わざわざそういう裏ネタを教えてくれた店主に感激して、そのお店でオホーツク産の毛ガニを買うことにしました。ついでに生きたホタテを5枚、おまけしてくれました。

北海道の人って、ほんといい人ばかりだわー@うるる

奮発して毛ガニのお土産を買った後は、小樽散策へレッツゴー。

商店街を抜けて運河に向かう途中、とてもレトロな場所へ偶然、出くわしてしまいました。ちょうど神戸の慰留地区みたいな感じで、煉瓦や石造りの建物がたくさん建っていました。ガイドブックによれば、そこはいわゆる北のウォール街と呼ばれていた場所で、旧日本銀行の小樽支店の建物なんかもありました。今は金融資料館として博物館になっています。

otaru_history3-2.jpg


こちらはM子ちゃんが偶然、見つけました。

「入場料もフリーだし、ちょっと入ってみようよ」とM子ちゃん。

いやー偶然とはいえ、

こちら金運が一杯の建物ですぜ

お札の意外な知識も付けられるし、小樽へお越しの際、お時間があれば寄ってみるといいかと。

ウォール街をまっすぐ北へ抜けると、そこは海。そして運河です。

P1010131.jpg


って、意外と規模が小さいです、運河。そのほとんどは埋め立てられたようで、実際、画像の手前に移っている橋の手すりから、向こうに見える橋までの間だけが観光スポットです。ね、狭いでしょ?

小樽はガラス工芸が有名で、工房もいくつかあります。時間的に余裕があれば工房見学なんかもしたかったですね。ベネチアガラス美術館へ行って、自分のお土産にガラス製品を一つ買い求めました。

何を買ったかは次回に「北海道のお土産特集」としてまとめてアップ。お楽しみに♪

ちなみに光を通すガラスには、真実を明らかにする、嘘がつけなくなる、といった作用があります。形状や色などで他の運気もプラスできますので、インテリアや食器などで楽しめそうですね。

はてさて小樽では大事なミッションが一つ残っています。それは、

おいしいお寿司を食べること!

またまたM子ちゃんがその才能を発揮し、市場のおばちゃんから、おいしいお寿司屋さんをサーチしてくれました。

運河沿いのメイン道路から一本奥に入ったところにあるお寿司屋さんでした。もっとも小樽では、どんなお寿司屋さんでもおいしいそうです。


20060614182519.jpg

小樽の地ビールはなかなかおいしかったです。ビールで金運アップ?!


私は魚の盛り合わせ(画像参照)を。M子ちゃんはうに丼定食を注文。やれやれ東北で食べる鯛などの白身魚には恋愛運が一杯だというのに、

金運を上げてどーするの!@M子ちゃん
でもって、主婦のくせに恋愛運をつけてどーする、私よ

てなわけで、これでほとんどのミッションを達成。出だしはバタバタしましたが、まー、終わりよければすべてよしってことで。大満足のうちに帰路につく私たちでした。




…って、小樽から空港までの特急電車内で、M子ちゃん、またやりました。

切符紛失!

別に話を作っているわけではありません。マジです。

もー、三度目だよ。。。私も気が緩んでいたんで、改札で声をかけなかったのも悪るいんだけどね。

帰りの航空券はさすがに私が預かっていたので大丈夫でした(これ、無くしたら大変だったよ。いや、その方が面白かったって笑)

てなことで、次回は北海道でゲットしたお土産をご紹介。北海道で見つけた開運なものとは?!


よかったら本日も応援よろしくです↓


人気ブログランキング

FC2ブログランキング

いい女塾の塾生としてもがんばっています。下のバナーをぽちりん♪が私への一票。
いい女塾

あなたの応援が私の原動力。本日もありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト
【2006/05/31 21:23】 | 旅行風水 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<北海道 風水紀行 2 | ホーム | 北海道 風水紀行>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuriririn.blog34.fc2.com/tb.php/271-a3cc46b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。