当ブログに掲載されている記事の盗用は著作権の侵害です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
城崎慕情 2004/10/24
先の台風23号はすごかったですね~。城崎(兵庫県北部)も旅館や店など30軒ほど浸水したそうです。台風の被害に合われた方には、お見舞いを申し上げます。画像はその城崎温泉街で、浸水する三日前に撮ったものです。実は先週の週末、城崎温泉に行っていたのです。
20041024142442.jpg

すいません、メルマガもブログもアップせずに遊んでいました。
いえ、取材です。取材。

温泉はいいですね。ちょっとついてないかな、と思う時、温泉に行くと運気がアップしますよ。城崎へは車で2時間半ほどの距離。自宅から見て北の方角になります。北の温泉に行くと貯蓄運がつきます。加えて子宝運もつきますので、不妊症の方にもお薦めの開運風水旅行ですね。

城崎といえば「カニ」ですが、10月とあって残念ながらおいしいカニは食べられませんでした。でも海の幸、山の幸が豊富で、旅館の人いわく「10月は気候もいいし、カニの解禁前だからお客さんも少なくてのんびりできますよ」とのこと。
城崎の温泉街は城崎駅を出発点として北西へ2キロほど続く、情緒溢れる温泉街です。外湯と呼ばれる大小さまざまな温泉が7つあり、色浴衣に下駄を鳴らしてのんびりゆったり温泉めぐりが楽しめます(外湯は有料ですが、城崎内の旅館やホテルの宿泊客には無料の外湯チケットがもらえます)。
お湯も柔らかくて、二日で三つの外湯を回りましたがお肌がすべすべになりました。
地元の人も親切で素朴。それはやはり温泉街の中心を流れる清らかな円山川のように、時間がゆったりと流れているせいかもしれません。

石畳の温泉街を下駄をからころと鳴らしながら歩けば、なんだか昔の文人に会えそうな気が――と思ったら、ありました。志賀直哉ゆかりの旅館が。幕末に建てられたというその旅館はほぼ当時のままだそうで、2階建ての純和風建築。黒光りした床が印象的な文人ゆかりの旅館に、機会があれば泊ってみたいものです。

ということで、一泊二日の城崎温泉(取材)の旅では、いろいろ風水アクションをしてきました。開運グッズも買ったので、またご紹介しますね。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2005/11/03 20:24】 | 旅行風水 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お土産♪ 2004/10/31 | ホーム | 幸せは足元から 2004/10/9>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuriririn.blog34.fc2.com/tb.php/38-6f2a9567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。