当ブログに掲載されている記事の盗用は著作権の侵害です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
運を引き出しに行く 2005/1/10
運が貯金出来るってご存じですか? 運の貯金先は「神社」です。――ということで、今年1年の金運をおろしに行ってきました。最上稲荷(岡山県)へ。
20050110095247.jpg

最上稲荷神社は我が家から見ると真西にあたります。西といえば「金運」。なので我が家ではこの神社に「金運」を貯金しています。同様に北西には出雲大社(島根県)という銀行を持っています。こちらの方は「夫の事業運・上司運」を貯金しています。また東北には京都伏見稲荷神社があり、ここには「不動産運と勝負運」を貯金しています。最後に東南の伊勢神宮(三重県)には「人間関係運」を。

運の口座を開くのは簡単です。口座を開きたい方角の神社に直接、足を運び、お参りをするだけです。写真を撮ったりお札を買ったり、出来ることなら祝詞をあげてもらうとなおいいですね。

ちなみに北、東、南、南西にバンク オブ 神社がないのは、これ、と思うパワーのある神社がないからです。

最上稲荷神社は自宅から車で1時間半ほどの距離にあり、日帰りで十分行って帰ってこられます。毎年、正月三が日を外した、成人式の三連休を利用してお参りに行っています。ここのいいところは、3000円以上のお札を買うとご神体(きつねさん)の傍まで行けて、荘厳な祝詞を受けられるというこです。ここの祝詞はちょっとすごいです。総勢8人のお坊さまが出てきて、それは派手なパフォーマンスで祝詞をあげてくれるのです。「厄が落ちる~~」って感じを受けますので、一見の価値あり。

我が家では、

「ここで祝詞をあげてもらわないと1年が始まらない」

とまで申してます。最初のお参りから数えて今年で何と9年目。

もともとなんで最上稲荷神社へ行くようになったかといいますと、メルマガでも書きましたマンションRの間取りがあまりにも西にダメージがあるものだったので、そのせいか当時、とてもお金に苦労したからでした。

「西の神社でお金のことを祈願したらお金に困らなくなるかも」

と思ったのがそもそものきっかけです。これはビンゴー! でしたね。
こんな風に家のダメージがある方角に懇意の神社を持っていると、凶作用が和らいでパワーが上がります。

ところでこれとは別に地元の神社も大切にしています。地元の神社というのはいわばATMみたいなものです。最上稲荷神社へはわりと手軽に行けますが、他の神社へはそうそうは行けません。そこで活用するのが地元の神社です。

ちょっとついてないな、パワーが落ちているな、厄がたまっているな、などと思う時は地元の神社へ行って運を引き出すのです。

みなさんも、神社へ運の口座を開きに行きませんか
スポンサーサイト

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2005/11/04 22:57】 | 金運風水 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<朝陽を浴びてコケッコ~ 2005/1/15 | ホーム | 今年一年の健康を祈って 2005/1/8>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuriririn.blog34.fc2.com/tb.php/55-0d8c8d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。